東京インターナショナルペンショー、みなさまありがとうございました!

11/12(金)〜14(日)の3日間、東京都立産業貿易センター浜松町館3階展示場で開催された「東京インターナショナルペンショー」が無事終わりました。
入場チケットはほとんど売り切れ(限定インクと万年筆は完売)、毎朝の開場待ちの行列が凄くて、会期中はみなさんの期待の高さがビシビシと伝わりました。私のブースにも多くの方がお越しいただきました。出店者側の方にも「珍しいブースがある」との噂が回り、色んな方に拙作をご覧いただくことができました。

イベントに合わせて制作、展示した文画『ペンギンの島』
私がとてもおもしろいと思った「天上界での神学論争」の場面の文章を手書きして描きました(今年は著者のアナトール・フランスがノーベル文学賞を受賞してから100年というアニバーサリーでもあります)
國際書道連盟展受賞作品をベースにデザインした、新発売の梵字御朱印帳も売れ行き好調とのこと(名入れ御朱印.com で販売中)

出店ブースのほとんどは万年筆やインク、紙モノ等、筆記関連プロダクトの販売がメインなので、私のような(グッズ販売はありますが)作品展示をメインとしたブースは珍しい存在と言えます。


反省点:ワークショップ「なんちゃってギルディング」の所要時間は90分と設定したのですが、入場チケット1枚で滞在できる時間は約3時間…ここでしか出会えない魅力的な商品があふれるブースが沢山存在する会場の中で、1時間半も拘束されるというのは非現実的であることに、始まるまで気づきませんでした…(会場でお会いした方で、「もっと短かったら参加したかったです」との声をかけて下さった方もいらっしゃいました)。

とは言え今回のブース運営は一人でやっていたので、実際にワークショップもやってたら人手が足りなくてどうにもならなかったかも…。ちなみに事務局主催の「万年筆組立てワークショップ」の所要時間は30分でした。ペンショーで開催するワークショップとしては、この位が現実的な所要時間なのかもしれませんね。


なお、次回開催は 2022年10月28日、29日、30日とのこと。

『「かく」を味わい、楽しむイベント』 である東京インターナショナルペンショー、「ペン1本で こんな表現もできます」という展示をするブースもあったほうが良いと思っているので、私もまた出店したいと思っています!

東京インターナショナルペンショー2021限定インク 私も買いました😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share via
Copy link
Powered by Social Snap
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close