「世界は劉暁波を忘れない」

6月21日、劉暁波追悼集会に参加しました。

2009年の裁判で「国家政権転覆煽動罪」により懲役11年の判決が下された彼は、2011年に獄中でノーベル平和賞を受賞(中国在住の中国人としては初のノーベル賞)、予定通りに行けば今年の6月21日に釈放されるはずでした。しかし服役中に彼は肝臓がんに蝕まれ、満足な治療を受けることもできないまま、2017年7月13日に亡くなってしまったのです(2017年8月4日に東京で行われた追悼集会では、彼の詩を朗読したことを覚えています)。

 

今年の6月4日(天安門事件記念日)、私は零八憲章の文章(英訳文)で劉暁波の肖像画を描いた作品を公開しました(Twitter , Instagram , Facebook)。そんな縁もあり、彼の釈放予定日だった2020年6月21日(日)、かつて劉暁波さんと一緒に活動した、世界中に住んでいる人たちが開催したZOOM集会に参加させてもらい、私の劉暁波の作品をお披露目しました。恥ずかしながら私は中国語が出来ないので、私の日本語を友人に訳してもらうことで、参加者の皆さんにメッセージを伝えてもらいました。私の作品を見た方からお褒めの言葉をいただき、大変うれしく思いました。

世界が良い方向へ進むことを信じて、カリグラフィーのスキルを生かした作品づくりをずっと続けていきたいと思っています。

このZOOM集会の記事が Taiwan People News に掲載されましたので、良かったらご覧ください(中国語です)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share via
Copy link
Powered by Social Snap
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close